【人類必見】健康になりたいならこれをみろ!これで私は水しか飲まなくなりました。

人類の長年の問題である健康」

これにいつも付きまとうのが、「水」ですよね?

そんな役割やなぜがいいのか、どんながいいのか。

あらゆる疑問を解決していきます!

スポンサーリンク

なぜ水がいいの?

「水が人間の構成要素だから」

簡単に言えばこれに尽きます。

人間ってもはや水なんです。

水

ジュースでも、お茶でもありません。

「ん?どいういこと?」

と思っている方のためにここからなぜ水がいいのか、詳しく話していきますね!

詳しく説明

水がいいっていうのは知っているけど、なんで水がいいのかはよく知らないって方多いのですよね。

それには人間の中にある水分役割が大きく関係しているんです!

水分の役割

「人間の体の60%は水だ!」

水

っていうのはよく聞いたことがあると思います。

さっき「人間はもはや水」って言ったのも、これが理由です。

これはまぎれもない事実なのであり、をとる度に減っていくのです。

例えばおなかの中にいる赤ちゃん水分率90%であるのに対し、高齢者50%と言われています。

なんと40%も違うんですね。

そしてこのたちはいろんな役割を担っているんです。

・体中に酸素や栄養を運ぶ

・体に悪い老廃物運んで、出す

・体温調整

このように、生きていくうえで欠かせない役割を担っているんですね。

まさに体内運び屋

しかし、あくまで飲んだ水がそのまま流れているのではなく、に行き、そこから「体液」となって、体をめぐっているんです。

体液というのは血液などのことですね!

スポンサーリンク

他の飲み物じゃダメ?

ここまで聞いてみて、

「水分でいいならお茶とかでもいいじゃん!」

と思う方もいるでしょう。

確かに、お茶ジュースおいしいですし、もちろんも含まれています。

だから死ぬことはないのですが、水以外成分問題があるのです。

例えば水以外の成分が体への水分吸収を妨げたり、水以外の成分を分解するために水が必要だったり...。

要はほかの成分が負担をかけてしまうわけです。

ですから結果的に、「純水」がいいって話なんです。

ちなみに水は代謝を上げるため、ダイエットにもなるんだとか。

健康になりながら痩せることができるなんて一石二鳥ですね!

「よし!これから水をたくさん飲むぞ!!」

ちょっとまってください!

待って

確かにを飲むことが大切なのですが、ただやみくもに水を飲めばいいってことじゃないんです。

ここからは、どんな水を飲めばいいのか、ご紹介していきます!

どんな水がいいの?

水を飲むにあたって大切なのは不純物が入ってないかどうか。

たとえば、水道水などは、塩素などが入っているのでNGですよね?

まあきれいな地区もあるのかもしれませんが、少し怖いです。

ではどんな水がいいのか。

疑問

「ペットボトルの水、浄水、ウォーターサーバーの水」

ペットボトルの水はペットボトルの内側に少量の防腐剤が村れているのだが、この3つは比較的良い、きれいな水と言えます。

「よし!がぶがぶ飲んでいこう!!」

もうちょっと待ってください!

待って

何事も「摂りすぎは体に毒」です。

きちんとした目安量がありますので、それを教えますね!

どのくらい飲めばいいの?

簡潔に言います。

「体重の4%が目安」

理由は、不要な水分が一日に体重の4%分排出されるから。

そして大事なイメージは、きれいな水を飲んで、汚い水を出す。

このイメージで水を飲んでみてくださいね!

水

まとめ

今回はについてまとめました!

これで、水を飲むしかなくなりましたよね?

皆さんも水を飲んで、健康な体になって、毎日を元気に過ごしてくださいね!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク