【永久保存!】滑りまくりだった俺がまったく滑らなくなった方法がこちら。

皆さんは、で滑ってこけた!なんてことありませんか?

一人の時はいいけど大勢の前は恥ずかしい...。

こけてけがをしてしまった...。

そんな方必見滑らない方法をお教えします!

スポンサーリンク

雪で滑らない方法3選

だんだん冬が本格化してきて、1年で最も寒い季節がやってきました。

そこで出てくるのが凍結

慣れてない人にとっては、道路が滑って仕方ない。

いったいどうすれば滑らず歩けるのでしょうか。

雪

足の裏全体で歩く

普段はしないかもしれませんが、足のベタっとつけて歩くことにより、滑らなくなるんです。

一歩一歩しっかり踏み込むようにして、体重をしっかりと支えながら歩いてください!

とても簡単そうに感じますが、いざやってみると案外難しいので、家を出る前に軽く練習してから外へ出るといいかもしれません。

歩く

前かがみになる

体を前かがみにすると、重心が低くなるので効果的です。

低い重心のほうがバランスをとりやすくなるので、安定感が増しますね!

雪道はバランスを意識して歩くように心がけましょう。

歩幅を気にする

地面が滑るというときは、歩幅小さくすることが大切です。

そうすることにより、重心もブレにくく安定して歩くことができます!

ペンギンを意識して歩きましょう!

ペンギン

スポンサーリンク

もしも滑ったら...

いくら気を付けていたって、滑る可能性ではない。

では、万が一滑った場合はどうすればいいのでしょうか。

バク転

慌てない

滑って転んで、立ち上がろうとしたらまた転んで、そんなの最悪ですよね?

転んでしまったら、いったん落ち着きましょう。

冷静になることは、立ち上がりやすくなるだけではなく、自分の体の異変にも気が付きやすくなります。

転んで打ったところが異常に痛いめまいがするなどの時は、安全な場所に一度避難し、はやめに病院に行くことをお勧めします。

検査

言い聞かせる

「全国の受験生のために、自分が代わりに滑ったんだ!」

と言い聞かせる。

これが最も有効ですね!

冬といったら受験シーズンなので、全国の受験生のために代わりに滑ったんだ、と言い聞かせましょう。

周りに人がいたら、に出して見るのもいいかもしれません。

自分がこけたことも、誰かのためになったんだと思えれば、それは救いになります。

幸せ

まとめ

どうでしたか?

冬は寒いだけではなく、転倒危険性も出てきます。

転倒してけがをした、なんてことも珍しくないので、皆さん気を付けて外出するようにしてください。

そして、もし滑った時は冷静になり、体の心配第一にしてくださいね!

スポンサーリンク