堤義道容疑者の顔画像やFacebookアカウントは!?高速道路で模造刀振り回し、殺人未遂!!

模造刀で男性を殺害しようとし、殺人未遂の疑いで逮捕された堤義道容疑者。

摸擬刀で脅されたら、とても恐怖を感じますが、堤義道容疑者はなぜこのようなことをしてしまったのか。

事件の真相に迫ります。

スポンサーリンク

事件の概要

愛知県日進市の高速道路上で、模造刀で男性を刺し殺害しようとしたとして33歳の男が逮捕された。

映像には、今年2月、愛知県日進市の東名高速道路下りで、43歳の男性がトレーラーを運転中、白い乗用車に前をふさがれる様子や男が手に模造刀を持ち男性に近づいてくる様子が映っていた。

(略)

警察は3日、殺意を持って模造刀を突き刺すなどして男性に全治6週間のケガをさせた殺人未遂の疑いで、名古屋市守山区の解体業・堤義道容疑者を逮捕した。

警察の調べに対し、堤容疑者は「殺意はなかった」と容疑を否認しているという。しかし、映像では乗用車が事件の直前、あおりや幅寄せなどを繰り返していて、警察は運転中のトラブルが背景にある可能性もあるとみて捜査している。

NNNより引用

前方に車が止まり…

殴られているのがわかります。

突然高速道路で、車が止まる、ということ自体とても危ない行為ですが、その上刀を持って出てきたとなると、何が起きているのかわからなくなりそうですね。

被害者男性はよほど怖い思いをしたことでしょう。

今回は、映像やレコーダーが事件の発覚につながっているようですが、もしこの2つがなかったら、わからないままだったかもしれません。

堤義道容疑者の顔画像やFacebookアカウントは?

こちらで調べてみたところ、現在、顔がはっきりわかる顔画像は公開されていませんでした。

また、Facebookアカウントも本人と断定できるものはございませんでした。

まだ事件が起きてから、時間があまりたっていないので、これから公開されるかもしれません。

スポンサーリンク

堤義道容疑者のプロフィール

調べてみたところ以下のようなことがわかりました。

名前:堤義道

年齢:33歳

職業:解体業

住所:名古屋市守山区

33歳でまだ、若いですね。

何かにいらいらしていたのでしょうか。

また、解体業をしているということで、一般の方よりも、仕事柄力が強かったということも考えられます。

どちらにしろ、相手が武器を持っていたらなかなか抵抗できませんよね。

現場は?

今回は愛知県日進市の東名高速道路下りで、事件が起きたときは暗く、通行車両も少なかったと思われます。

録音された会話

今回、レコーダーに録音された会話が公開されていました。

男「どかんのはなんでや、この野郎」

男性「痛い!」

男「おりゃ」

男性「なんだよ。なんでそんなものでたたくんだよ」

男「おりゃ。殺すぞ」

NNNより引用

被害者男性からしたら、急に殴られてわけがわからないといった感じでしょうか。

はたまたこれ以前に、高速道路上で何らかのトラブルがあったのかもしれません。

ネットの反応

模造刀で殴れば当たり所が悪ければ死ぬしドライブレコーダーの
映像でも殺すぞと言ってるのだから殺人未遂罪でいいでしょ。
ついでに免許永久剥奪。余罪もありそう。

Yahoo!ニュースより引用

社会のためにも証拠があるなら実名報道して極刑を希望です。

Yahoo!ニュースより引用

殺意がないなら武器もたないよね?こいつは死刑でいいと思うんだけど日本は甘すぎる。

普通模造刀なんて持ち歩かないし。

あー解体業か。なら普通じゃないからもっててもおかしくないな。

Yahoo!ニュースより引用

この映像をTVで見ましたが、かなり衝撃的で開いた口が塞がりませんでした。高速道路だというのに、車から降ろすなんて頭がおかしい。木刀を持ってる時点でアウト、なんの為に必要なの。殺人と同じです。

Yahoo!ニュースより引用

模造刀を取っている時点で一般人とは違うと思ったけど、
解体業なのね。

Yahoo!ニュースより引用

怒りが抑えられないのは一種の病気です。
麻薬の更正施設があるように、一時的に入所させてアンガーコントロールを身につけさせるべきです。その間の生活費なと色々と問題はありますが税金の使い方を正しくすれば可能でしょうね。性格や人格の問題ではなく「病気」です。

Yahoo!ニュースより引用

ネットでは、刑がどうなるのか、またこのような行為についてのコメントが多いように思われます。

また、このような事件が起こると、同じ業種の人のイメージダウンにもつながりかねません。

今回の事件で、解体業の方々が偏見を持たれてしまわないことを願います。

運転中のトラブルが原因で起こるこのような事件は、後を絶たないように思えます。

しかし、このような事件は今回のように、けが人を出しかねません。

今回も被害者男性は全治6週間のけがを負っています。

今後ドライブレコーダーの普及などが事件の減少につながることを願います。

スポンサーリンク